失恋ショコラティエ、石原さとみ「サエコ」に学ぶ小悪魔テクニック(*´ω`*)wwwww

2014-03-25-07-45-40

失恋ショコラティエ「サエコさん」に学ぶ小悪魔テクニック・5選

大人気月9ドラマ「失恋ショコラティエ」。今、ヒロインである石原さとみさん演じる「サエコさん」が超可愛い!と話題沸騰中です。今回はそんなサエコさんの小悪魔な仕草に注目してみました。
■1.ワガママも許されるうるうるした瞳「あの泣きそうなうるうる感は反則だよね」(21歳/学生)

ドラマ第8話で、突然主人公である爽太のお店を訪れるサエコさん。家を飛び出してきたさえこさんのうるうるした目にやられ、爽太はさえこさんをお店に泊めてあげることを決意します。
かわいい子がうるうるした瞳で上目遣いをしながらワガママを言ってきたら、どうしても叶えてあげたくなっちゃうのが男でしょう。うるうるした瞳を表現するために、目薬を有効に使いましょう。涙袋メイクをするのも効果的です。
■2.あえて連絡をせず突然現れる気まぐれさ「いつ来るかわからないから、爽太も毎日期待感があっていいよな」(26歳/メーカー)

サエコさんは突然爽太のお店にやってきて、爽太をどぎまぎさせています。
突然目の前に現れることで相手をびっくりさせ、そのドキドキ感を恋愛感情へと発展させているのでしょうか・・・女ってコワいですね(笑)
また、直感のままに行動する猫のような気まぐれさも、男心を翻弄するさせる一因だと言えるでしょう。
■3.計算ずくの「手指」と「髪」「サエコさんの仕草は全部かわいいけど、何だろう?とにかく手がちっちゃくてかわいい!」(20歳/美容師)
「髪もなんかシャンプーのいいにおいがしそう」(22歳/学生)

ドラマをじっくり見ていると、サエコさんがよく顔に手に添える仕草をしていることに気づきます。手を顔や顔の近くに持ってくることで華やかさを出し、またそのときに指先を揃えることで可愛らしさと手指の美しさともアピールしています。
また、髪を揺らしても可愛らしさがアピールできます。サエコさんのように、歩いているときや、別れ際に手を振るときなど、自然と髪を揺らすことがポイントのようです。いい香りのヘアコロンをつけると、さらに香りが広がって素敵ですね。
■4.「目的」に合わせたヒール選び  「自分との身長差を気にしてくれるのは嬉しい」(24歳/出版)

  普段はそれほど高いヒールを履いていないサエコさん。これは、男の人との身長差を出して「小さくてかわいいな」と思わせるためです。しかし、第4話では爽太とのデート当日、あえて高いヒールを選んで出掛けています。これは、爽太と顔の距離を近づけるため、また危なっかしさを出して相手に「守りたい」と思わせるためだと考えられます。こうやってその日の目的や、相手との距離を意識してヒールの高さを選べるようになったら上級者ですね。
■5.豊かな表情「喜怒哀楽がはっきりしてる人ってやっぱり魅力的だと思う」(21歳/学生)

どんなシチュエーションでもサエコさんは表情美人です、嬉しいときは思いっきり喜び、悲しいときはすぐに泣きそうな表情になり・・・くるくると変わる表情には、男女関係なく惹きつけられてしまいます。喜怒哀楽の中でも、怒りや哀しみの表情・表現にはテクニックが必要で難しそうなので、まずは、喜、楽の感情をいつもより少し大げさに表現してみましょう。
■おわりにいかがでしたか。普段の行動や仕草にちょっとだけ「サエコさんっぽさ」をプラスしてみることで、より魅力的で可愛らしい女性になれるのではないのでしょうか。みなさんもぜひ、挑戦してみてください。

(金城凛子/ハウコレ)

本記事は「ハウコレ」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

今日話題の芸能スポーツニュース


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

アクセスランキング ブログパーツ